taka6021のブログ

腕時計に特化した専門知識と、持ち前の霊感を生かし、面白おかしいイージーの日常を書いていきます!

職場の老害。勘違い厨!

 

こんにちは!

 

イージーです!

 

昨日、うちの彼女が働いている職場の所轄、『老害』と呼ばれる人種に攻めれれたという話を聞きました。

 

その相手は、定年でその会社を退職してパートで戻ってきた人らしくて「昔はこうだった」とか、「今は楽」とか勘違い発言を繰り返しているらしいんですね。

 

まず、今の方が楽なんてありえますか?

 

人材は不足し、ましてやうちの彼女は介護職です。

 

給料が低い、汚い、重労働と三拍子そろった職場なんです。

 

そんなところに就職するのは介護を本気で志した人か、就職難でそこしかなかった人間くらいのものです。

 

あっ文章見て分かる通りちょっと怒り心頭です。

 

確かに定年まで働いたのは立派です。

 

しかし、それと仕事ができるできないは別の問題ですよね。

 

僕も最初に就職した企業にそう言ったおじいちゃんがいました。

 

その人に、入社3ヶ月くらいのタイミングで、「使えねえ」、「死ね」と言われたのは今でも覚えています。

 

ですが、2年目に入って仕事をある程度覚えた僕は、その人よりもはるかに仕事ができるようになっていたため、その人の間違いを強めに指摘し、立場を逆転させました。

 

でも、老害はみんながみんなこんなに物分りがいい人間だけではありません。

 

勘違いを死ぬまで貫き通す奴らの方が多いです。

 

はっきり言います。

 

「馬鹿どもです」

 

そんな人間より今現場で戦ってる人間から学んだ方が断然自分の身になります。

 

企業も気づいてください。

 

そんな人間を雇ってるのは、人件費の無駄遣いです。

 

その人がいない方が仕事の効率は上がりますよ。

 

はい。今日はかなり過激なことを書いてしまいましたが、これが現場の声です。

 

そろそろ改善策を考えたらどうですか?企業さん方。

 

ではこの辺で!

 

今日の良き日を!