taka6021のブログ

腕時計に特化した専門知識と、持ち前の霊感を生かし、面白おかしいイージーの日常を書いていきます!

電波時計とGPSの違い!

 

こんにちは!

 

イージーです!

 

最近なかなか同じ家に住んでるのに彼女に合わないんですよね。

 

彼女介護職なので夜勤とかもあったりするし、僕自身も日中忙しいし、帰ってくるのは日によっては朝7時とかでちょっと合わないです。

 

なのでこの前、初めてペアリングを購入しました!

 

僕がシルバーで彼女がピンクゴールドです。

 

18金なので変色やサビに強いので多少高かったですがやむを得ない出費です。

 

実際彼女は喜んでくれたし御の字ですね(笑)

 

さて、今日は電波時計GPSの違いについて紹介していきます。

 

まず、みなさんの認識的にはGPSって位置情報のイメージかもしれないですが、時計でいうGPSは時刻の調整を意味します。

 

電波時計はご存知の通り、SEIKOやCITIZEN、CASIOといった日本の時計メーカーが技術と最先端のシステムで作り上げた時刻を自動調整する技術です。

 

んじゃ同じじゃん!って方もいると思いますが、決定的に違うことが3つあります。

 

まず1つ目は、電波塔からの電波受信とGPS衛生からの電波受信です。

 

主に今世に出ている電波時計は世界6局から電波受信が可能と言われています。

 

日本の2局、中国2局、アメリカ、ヨーロッパの6局です。

 

この国の中で電波が届く場所であれば、深夜帯の2時と4時に時刻の調整を自動的にしてくれます。

 

『電波が届く場所』

 

これがキーワードです。

 

電波時計は、電波の届く場所でなければ受信できません。

 

何かの建物の中や、地下といった閉鎖的な空間では、建物や地面に電波が弾かれてしまいます。

 

また、電波の範囲外に出てしまうと、電波はもちろん受信できません。

 

これが電波時計の欠点です。

 

まぁほぼほぼこれは使用上で問題はないんですけどね。

 

寝る前に窓の近くに置くとかすると時刻は勝手に調整してくれます。

 

この欠点を払拭したのがGPS衛生電波時計です。

 

GPSは、室内だろうが地下だろうが貫通して電波を受信できます。

 

そして、衛生1〜3局から受信するので世界どこの国にいても電波が受信できます。

 

なんとも恐ろしい技術ですね…

 

各メーカーで、高額ラインでこのGPS時計を出しています。

 

SEIKOでは、アストロン

 

CITIZENでは、アテッサ。

 

CASIOでは、オシアナス。

 

全て、それぞれ特化した部分があり、世界基準で認められています。

 

SEIKOアストロンは、世界初となるGPSソーラー時計としてリリースされた技術の最先端を突っ走る時計です。

 

CITIZENアテッサは、世界最薄のGPS時計ということで世界に認められています。

 

CASIOオシアナスは、世界最小のGPS時計として多くの人を魅了し続けています。

 

どれを選ぶかは、人それぞれですが、それぞれの良さがあるので自分のピジネスシーンやプライベートを思い浮かべて1番合う時計を選ぶのが1番いいですね!

 

もしもっとGPS電波時計について知りたいとか、この中でもどのモデルが1番あうかな?とかも是非是非ご相談ください!

 

ではこの辺で!

 

今日の良き日を!